ルミガンの使い方と注意点 | ルミガンを使ってあなたもフサフサのまつげを手に入れましょう
menu

ルミガンの使い方と注意点

パステルカラーの錠剤と水

ルミガンの使い方についても一応書いておこうと思います。
なかなか、こういう薬って取り扱いが難しいと思われるかもなんですが、ルミガンはそうでもありません。
まつげに塗る薬……ってどうもハードルが高そうに思うんですけど、塗るのも簡単なのです。
まず、塗るタイミングなんですけど、夜が良いとのことです。
お風呂に入った後、眠る前がとくにいいでしょう。睡眠によりまつげの成長も促せますし。
ルミガンを一滴、アプリケーターに垂らしてください。
あんまり多いと目に入ってしまうので注意ですよ。
そうしたらまつげの根っこのところに、塗ってください。アイラインを引く感じで塗ると良いのだそうです。
たったこれだけです。本当に簡単ですよね。
あと、万が一目に入ってしまっても問題はありません。
実はルミガンは目の病気の治療を目的に作られた薬を、改良してできたいるものなのです。なので、失明とかそういうことはないです。
ですが目に入ってしまうと思わぬ副作用が起こる危険がありますので、一応洗い流してください。
もしコンタクトレンズを付けている方は、外してから塗布しましょう。
塗ってから15分経ったら、再度コンタクトレンズをつけて良いとのことです。